空家を活用できるリロケーション|投資用ワンルームマンションの利点

目先に利益にとらわれない

女の人

マンション投資の失敗事例はあまり表に出てきません。失敗をする理由はリスクの認知が甘く、必ず起こるリスク想定に対して何の対策も行っていないことにあります。目先の利益だけにとらわれていると、長期的な投資である不動産投資は成功しないので、予めプラン立てが必要です。

Read More

ワンルームの魅力とは

内観

投資用ワンルームマンションの人気が変わらず高く推移しています。かつてはキャピタルゲインを求める多くの投資資金が投入されたものですが、地価の下落が続く中で安定収入としての魅力を増しています。価格も安いことから、サラリーマンでも不動産投資ができると需要も多くあります。そして近年の大型マンション建設が状況をさらに変えています。通常は投資用ワンルームマンションといえば、建物のほとんど全てがワンルームタイプの部屋となります。けれども大型マンションの中にも、ワンルームタイプの部屋を設ける物件が増えてきています。資金に余裕のある人は現金で購入するケースも珍しくないものです。このタイプの投資用ワンルームマンションには多くの魅力があります。

大型マンションにおけるワンルームタイプの部屋も、多くは投資用に購入されています。そしてその大きな魅力は、資産価値の高さと賃貸需要の多さです。棟内全てがワンルームとなると、買い手が限定されることもあって資産価値はなかなか高まることが無いものです。けれども大型マンションの場合には、全体の資産価値の高さの恩恵を受ける形でそれほど値崩れしないものです。また、建物内の充実した設備を使用できるとあって、借り手には不足することが無いものです。空き部屋リスクが大きく軽減されるので、安心して保有できます。短期売却の投資用ワンルームマンションとしてではなく、あくまでも高い資産価値を得られる優良物件と見られているわけです。

投資用の物件以外にも、投資物件として注目されているのが、リロケーション物件です。所有しているワンルームマンションの一室や戸建て物件を人に貸すことで利益が得られます。リロケーションを行なうには、専門の会社に依頼をするのが一番です。

不動産投資での注意点とは

集合住宅

マンション投資において多い失敗事例としては、無理な資金計画を立てることが挙げられます。賃借人がつかない空き部屋リスクを考慮して、返済金額を少なめに設定する必要があります。また値上がり期待による短期保有も避けることが大事です。

Read More

リスクの低減が大切

男性

マンション投資で失敗をしないために大切なことは、1つが何年後に幾らで売却できるかという売却計画を踏まえた上で収支計画を策定することです。そしてもう1つが新築物件よりも築浅物件を優先的に購入するといったコストを極力最低限に収めるための意識を持つことです。

Read More