不動産投資での注意点とは|空家を活用できるリロケーション|投資用ワンルームマンションの利点

空家を活用できるリロケーション|投資用ワンルームマンションの利点

不動産投資での注意点とは

集合住宅

マンション投資における失敗事例は幾つかあります。最も多いのは資金面に関することです。今後増えると予測されるのは、短期売却を前提とした購入により失敗することです。と言うのも、不動産市場の回復と地価の上昇を受けて、マンション価格も上昇していることが背景となっているからです。マンション投資を値上がり期待により持つことで、その資金計画も短期保有を前提としたものとなります。長期返済により支払額を減らし、さらに変動金利や当初数年間金利の安いローンを利用するようになるのです。首尾良く売却先を見つけることができれば良いのですが、そうでなければローンの負担が増えることになります。その結果、支払いが滞ることにもつながるわけです。

マンション投資を行う上で、失敗のリスクをどう回避するかは大切な課題です。まず空き部屋となるリスクを回避するためには、最初の資金計画で家賃設定を低くしておくことが有効です。そして家賃収入は一部を積み立てておいて、万が一の事態に備えておくことが大事です。あるいは家賃保証を利用するのもひとつの手段となります。最も失敗しない方法となりますが、賃借人がついてもつかなくても、必ず収入が入ることになります。たたし、相場の家賃よりも安い金額となるので注意は必要となります。また、管理状況がしっかりしているマンションを選ぶことも大切です。適切な修繕を行って資産価値を維持するというマンション投資において大事な要素となるからです。