リスクの低減が大切|空家を活用できるリロケーション|投資用ワンルームマンションの利点

空家を活用できるリロケーション|投資用ワンルームマンションの利点

リスクの低減が大切

男性

売却を見越した投資計画

マンション投資で失敗をしないために大切なことは購入前の時点で極力リスクを減らした上で、期待する収益を確保できる目途が立つ物件を探すことです。中でもマンション投資の失敗の要因となりがちな要素の一つが売却時の売却額が想定よりも安かったという事態です。売却額が想定よりも安くなってしまうと、酷い場合にはトータルで見た時にその物件に対する不動産投資で損失が生じてしまう場合もあります。投資物件の売却はその物件に対するマンション投資の締め括りであり、最終的な損益を確定させるフローです。そして売却をしてしまえばその物件における損益を改善する余地は無くなってしまいます。だからこそ、損失が起きないよう的確な不動産選びを行いましょう。

損益分岐点を下げる

もう一つのマンション投資で失敗をしないためのリスクの低減策が、マンション投資の対象物件の購入コストを下げるということです。不動産にまつわる売買市場と賃貸市場は、新築が最も需要が多いという点では共通していますが、売買市場の場合、築1〜2年であっても中古物件となれば新築物件と比べて大きく価格が低下します。一方の賃貸市場における相場は、よほど借り手がつかないか、特殊な外部要因でもない限り、新築物件と築5年の中古物件を比較してもほとんど賃料が変わることはありません。だからこそ、より少ないコストでほぼ同等の収益が期待できる築浅の優良物件を探す方が、新築物件を探すよりも投資の失敗のリスクを減らすことができるのです。そして、これらのことを予め意識しておくとマンション投資における収益性の維持、そして拡大に大きく寄与することができるのです。